外国人雇用・国際結婚と在留資格申請はお任せ下さい!タイ語・英語に対応します

外国企業の日本進出形態

  • HOME »
  • 外国企業の日本進出形態

外国企業の日本進出形態

外国企業が日本進出を行う場合、①日本法人(子会社)の設立、②日本支店(日本営業所)の設立、③駐在員事務所の設置、の3つの方法が考えられます。

日本で営業活動を行う場合

日本法人(子会社)の設立

  • 外国会社が出資して、日本に独立の法人を設立し、外国会社とは別名義で活動する場合
  • 外国為替及び外国貿易法上の手続き:日本銀行経由で財務大臣および営業所管大臣に事前届出又は報告を行う
  • 定款認証後、資本金500万円以上を出資し、会社設立の登記を行う
  • 会社の形態は、株式会社合同会社、LLP(有限責任事業組合)などがあります

役職員の在留資格

  • 代表取締役:「経営管理」
  • 取締役や監査役:「経営管理」(名目的である場合や会社規模が小さく業務量が多くない場合は、「技術・人文知識・国際業務」や「企業内転勤」)
  • 部長:3年以上の経験があれば「経営管理」、なければ「技術・人文知識・国際業務」又は「企業内転勤」
  • その他の職員:「技術・人文知識・国際業務」又は「企業内転勤」
  • 高度人材に該当する場合は「高度専門職」


日本支店(日本営業所)の設置

  • 外国会社名義で活動する
  • 法律上、日本支店それ自体に独立した法人格はなく、外国会社の一部として扱われる
  • 営業所設置の登記を行う(定款認証、資本金は不要)
  • 外国為替及び外国貿易法上の手続き:日本銀行経由で財務大臣および営業所管大臣に事前届出又は報告を行う
  • 株主総会や取締役会等の機関の設置は不要

役職員の在留資格

  • 経営管理:日本支店の規模、業務量が一定以上であり、支店長としての裁量も一定以上認められている場合
  • 技術・人文知識・国際業務
  • 企業内転勤
  • 高度人材に該当する場合は「高度専門職」

日本で営業活動を行わない場合

駐在員事務所の設置

  • 駐在員事務所では収益を伴う事業活動に制限がある
  • 業務に関する情報収集・提供、広告、宣伝、本国法人のための物品購入、業務連絡等
  • 駐在員事務所は登記は不要
  • 駐在員の在留資格:最初に「短期滞在」の在留資格で来日し、事務所の確保や事務機器等を購入し、駐在員事務所を開設させた後、「企業内転勤」や「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を取得する
  • 銀行口座や契約の当事者は駐在員個人名義で行う

お気軽にお問合せ下さい TEL 080-4835-4830 毎日9:00~20:00

代表行政書士 深田秀樹

รุป

許可取得に最善を尽くします。

  • facebook

ご相談ご依頼対応地域

東京都内
品川区、大田区、目黒区、港区、世田谷区、渋谷区、新宿区、江東区、葛飾区、豊島区、墨田区、中央区、中野区、北区、足立区、練馬区、江戸川区、板橋区、杉並区、台東区、荒川区、文京区、千代田区、昭島市、あきる野市、稲木市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市
神奈川県内
川崎市、横浜市、相模原市、大和市、厚木市、座間市、鎌倉市、逗子市、横須賀市、三浦市、葉山町、茅ヶ崎市、大磯町、二宮町、寒川町、海老名市、藤原市、綾瀬市、伊勢原市、清川村、愛川町、山北町、松田町、秦野市、平塚市、中井町、開成町、大井町、南足柄町、小田原市、箱根町、湯河原町、真鶴町
埼玉県、千葉県、山梨県、茨城県、栃木県、群馬県  その他、全国対応いたしますので、ご相談ください。

PAGETOP
Copyright © 行政書士深田国際法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »