外国人雇用・国際結婚と在留資格申請はお任せ下さい!タイ語・英語に対応します

芸術ビザ

  • HOME »
  • 芸術ビザ

芸術ビザ

日本において行うことができる活動内容等

  • 収入を伴う音楽、美術、文学その他の芸術上の活動(在留資格「興行」に係るものを除く。)
  • 該当例としては、作曲家、画家、著述家など。

在留期間:5年、3年、1年又は3月

日本において、下記①および②に該当する者が行う収入を伴う芸術上の活動が該当します。ただし、展覧会への入選等、芸術家または芸術上の活動の指導者として相当程度の実績のある者であり、芸術上の活動のみにより日本において安定した生活を営むことができると認められることが必要です。

①創作活動を行う作曲家、作詞家、画家、彫刻家、工芸家、著述家および写真家等の芸術家

②音楽、美術、文学、写真、演劇、舞踏、映画その他の芸術上の活動について指導を行う者

 

興行の在留資格との相違点

興行ビザ

  • 興行の形態で行われる演劇、演芸、歌謡、舞踏、演奏、スポーツ、商品等の宣伝のためのショー等に出演する者およびこれらの興行に必要な活動を行う者
  • これらの活動は、芸術上の活動であっても、芸術の在留資格ではなく、興行の在留資格に該当します。例えば、オーケストラの指揮者は、芸術家といえる場合であっても、公衆に聞かせ又は見せることを目的とすることから、その活動は興行の在留資格に該当します。

 

必要書類(海外から招へいする場合)

1 在留資格認定証明書交付申請書 1通

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉 

3 返信用封筒(定形封筒に宛て先を明記の上、392円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの) 1通 

4 申請人の活動の内容等を明らかにする次のいずれかの資料
( 1)公私の機関又は個人との契約に基づいて活動を行う場合

活動の内容、期間,地位及び報酬を証明する文書 1通
( 2)公私の機関又は個人との契約に基づかないで活動を行う場合
申請人が作成する具体的な活動の内容、期間及び行おうとする活動から生じる収入の見込額を記載した文書(適宜の様式で記載していただいてかまいません。)  適宜

5 芸術活動上の業績を明らかにする資料
( 1)芸術上の活動歴を詳細に記載した履歴書 1通
( 2)次のいずれかで、芸術活動上の業績を明らかにすることのできるもの
a.関係団体からの推薦状 1通
b.過去の活動に関する報道 適宜
c.入賞、入選等の実績 適宜
d.過去の作品等の目録 適宜
e.上記aからdに準ずるもの 適宜

※必要に応じ、上記以外の書類も提出します。

お気軽にお問合せ下さい TEL 080-4835-4830 毎日9:00~20:00

代表行政書士 深田秀樹

รุป

許可取得に最善を尽くします。

  • facebook

ご相談ご依頼対応地域

東京都内
品川区、大田区、目黒区、港区、世田谷区、渋谷区、新宿区、江東区、葛飾区、豊島区、墨田区、中央区、中野区、北区、足立区、練馬区、江戸川区、板橋区、杉並区、台東区、荒川区、文京区、千代田区、昭島市、あきる野市、稲木市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市
神奈川県内
川崎市、横浜市、相模原市、大和市、厚木市、座間市、鎌倉市、逗子市、横須賀市、三浦市、葉山町、茅ヶ崎市、大磯町、二宮町、寒川町、海老名市、藤原市、綾瀬市、伊勢原市、清川村、愛川町、山北町、松田町、秦野市、平塚市、中井町、開成町、大井町、南足柄町、小田原市、箱根町、湯河原町、真鶴町
埼玉県、千葉県、山梨県、茨城県、栃木県、群馬県  その他、全国対応いたしますので、ご相談ください。

PAGETOP
Copyright © 行政書士深田国際法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »