外国人雇用・国際結婚と在留資格申請はお任せ下さい!タイ語・英語に対応します

「就労制限なし」の在留資格

  • HOME »
  • 「就労制限なし」の在留資格

就労制限・活動制限なしの在留資格

「永住者」、「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」、「定住者」の在留資格を持つ外国人は活動制限や就労制限がありません。

これらの4つの在留資格の場合は、「留学」や「家族滞在」等の在留資格を持つ外国人の資格外活動許可のような週28時間以内の就労などの就労制限はありません。また、「技術・人文知識・国際業務」などの就労系の在留資格のような自分の在留資格の範囲内の就労活動のみ可能といった活動制限もありません。

したがって、この4つの在留資格を持つ外国人を雇用する場合は、日本人と同様にどのような業種・職種であっても、フルタイム・パートアルバイトを問わず雇用ができます。入社後に配置転換をした場合や転職をした場合、「技術・人文知識・国際業務」などの就労系の在留資格を持つ外国人については、在留期間の更新の際に多くの立証資料を提出するなど会社側に負担がかかりますが、この4つの在留資格を持つ外国人を雇う場合はそのような問題は生じません。さらに、この4つの在留資格を持つ外国人の場合、活動制限がないため、エンジニアや営業販売、通訳・翻訳業務を行っても、コンビニや飲食店の接客業、建設業などの現業業務を行っても全く問題はありません。

このように、この4つの在留資格を持つ外国人の雇用は会社側にとって安全で非常に大きなメリットがあります。

しかしながら、この4つの在留資格については、婚姻等の身分に基づく在留資格であるため、「日本人の配偶者等」や「永住者の配偶者等」の在留資格を持つ外国人が配偶者との離婚や死別などの身分の変動により在留資格該当性を失うケースがあります。その場合、別の在留資格へ変更しない限り、日本に在留することはできません。

「技術・人文知識・国際業務」などの就労系の在留資格を持つ外国人を雇用する場合は、在留期間更新の手続きの際、企業側が作成する書類があるため、在留期限についても企業側が把握しているケースがほとんどですが、「日本人の配偶者等」などの身分系の在留資格の場合には、企業側が用意したり作成すべき書類がなく、外国人個人の状況を把握することが困難です。配偶者である日本人や永住者との離婚や死別によって、最悪日本に在留できなくなるケースもあります。

会社側が在留カードの確認をせず、在留資格該当性が無くなった外国人を長期にわたり雇用している場合には、会社に対し不法就労助長罪に問われる可能性があります。

そのため、「日本人の配偶者等」や「永住者の配偶者等」、「定住者」の在留資格を持つ外国人を雇用する場合でも、在留カードの写しを提出させ、在留期限の把握・管理を会社側でも行うことが必要です。「永住者」の在留資格を持つ外国人を雇い入れる場合は、在留期限はありませんが、外国人側に在留カードの更新義務が7年ごとにあるため、期限管理は同様に必要です。

 

お気軽にお問合せ下さい TEL 080-4835-4830 毎日9:00~20:00

代表行政書士 深田秀樹

รุป

許可取得に最善を尽くします。

  • facebook

ご相談ご依頼対応地域

東京都内
品川区、大田区、目黒区、港区、世田谷区、渋谷区、新宿区、江東区、葛飾区、豊島区、墨田区、中央区、中野区、北区、足立区、練馬区、江戸川区、板橋区、杉並区、台東区、荒川区、文京区、千代田区、昭島市、あきる野市、稲木市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市
神奈川県内
川崎市、横浜市、相模原市、大和市、厚木市、座間市、鎌倉市、逗子市、横須賀市、三浦市、葉山町、茅ヶ崎市、大磯町、二宮町、寒川町、海老名市、藤原市、綾瀬市、伊勢原市、清川村、愛川町、山北町、松田町、秦野市、平塚市、中井町、開成町、大井町、南足柄町、小田原市、箱根町、湯河原町、真鶴町
埼玉県、千葉県、山梨県、茨城県、栃木県、群馬県  その他、全国対応いたしますので、ご相談ください。

PAGETOP
Copyright © 行政書士深田国際法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »