外国人雇用・国際結婚と在留資格申請はお任せ下さい!タイ語・英語に対応します

高度人材から永住権申請

  • HOME »
  • 高度人材から永住権申請

高度人材から永住権申請

高度人材(高度専門職)から永住権の申請について、日本継続在留が10年に満たなくても申請が可能です。

高度専門職の在留資格を持つ方はもちろん、高度人材ポイント表のポイントが80点以上であり、1年以上日本に継続して在留していれば、永住権の申請ができる可能性があります。

高度専門職の在留資格を持つ方はもちろん、高度人材ポイント表のポイントが70点以上であり、3年以上日本に継続して在留していれば、永住権の申請ができる可能性があります。

現在の在留資格が「技術・人文知識・国際業務」や「経営・管理」であっても、高度人材ポイント表のポイントが70点以上であり、3年以上日本に継続して在留しているケース、或いは、高度人材ポイント表のポイントが80点以上であり、1年以上日本に継続して在留している場合には、日本在留が10年に満たずとも、永住権を申請することができる場合があります。

高度人材ポイントの計算等については、こちらを参照してください。

高度専門職で80ポイント以上のケース

基本条件

  • 高度専門職の在留資格で日本に1年以上継続して在留していること
  • 申請の時点でポイント計算を行った場合に80点以上のポイントを有していること
  • 申請日から1年前の時点でポイント計算を行った場合に80点以上のポイントを有していたこと

高度人材ポイント表のポイントが80点以上であり、1年以上日本に継続して在留していることが求められるので、提出する書類はポイントが80点以上あることの立証と、直近1年分の納税、公的年金・公的医療保険の保険料の納付の立証などで済みます。

申請に必要な書類について

  1. 高度専門職ポイント計算表(永住申請時点で計算したもの)
  2. 高度専門職ポイント計算結果通知書の写し
  3. ポイント計算に係る疎明資料
  4. 永住許可申請書
  5. 写真(縦4㎝×横3㎝)
  6. 了解書(2021年12月以降提出が必要になりました)
  7. 理由書(永住を希望する理由などを記載して提出します)
  8. 住民票(世帯全員の記載があるもの)
  9. 申請人の職業を証明する資料(在職証明書、確定申告書写し、経営する会社の登記事項証明書等)
  10. 直近1年分の住民税の課税証明書及び納税証明書
  11. 国税(源泉所得税及び復興特別所得税,申告所得税及び復興特別所得税,消費税及び地方消費税,相続税,贈与税)に係る納税証明書(その3)
  12. 直近1年分の申請人及び配偶者の公的年金(厚生年金又は国民年金)の保険料の納付を証明する資料
  13. 直近1年分の申請人及び配偶者の公的医療保険(健康保険又は国民健康保険)の保険料の納付を証明する資料
  14. 申請人の資産を証明する資料(銀行預金通帳の写し、不動産の登記事項証明書、その他)
  15. 身元保証書(身元保証人は日本人、特別永住者、永住者になってもらいます)
  16. 身元保証人に係る資料(在職証明書、会社の登記簿謄本、直近1年分の住民税の課税証明書・納税証明書、住民票など)
  17. 日本への貢献に係る資料(表彰状、感謝状、殊勲書等の写し、所属会社・団体等の代表者が作成した推薦状など)
  18. パスポート
  19. 在留カード

高度専門職で70ポイント以上のケース

基本条件

  • 高度専門職の在留資格で日本に3年以上継続して在留していること
  • 申請の時点でポイント計算を行った場合に70点以上のポイントを有していること
  • 申請日から3年前の時点でポイント計算を行った場合に70点以上のを有ポイントしていたこと

高度人材ポイント表のポイントが70点以上であり、3年以上日本に継続して在留していることが求められるので、提出する書類はポイントが70点以上あることの立証と、直近3年分の住民税の課税証明書・納税証明書などの提出で済みます。

申請に必要な書類について

  1. 高度専門職ポイント計算表(永住申請時点で計算したもの)
  2. 高度専門職ポイント計算表(永住申請の3年前の時点で計算したもの)
  3. ポイント計算に係る疎明資料
  4. 永住許可申請書
  5. 写真(縦4㎝×横3㎝)
  6. 了解書(2021年12月以降提出が必要になりました)
  7. 理由書(永住を希望する理由などを記載して提出します)
  8. 住民票(世帯全員の記載があるもの)
  9. 申請人の職業を証明する資料(在職証明書、確定申告書写し、経営する会社の登記事項証明書等)
  10. 直近3年分の住民税の課税証明書及び納税証明書
  11. 国税(源泉所得税及び復興特別所得税,申告所得税及び復興特別所得税,消費税及び地方消費税,相続税,贈与税)に係る納税証明書(その3)
  12. 直近2年分の申請人及び配偶者の公的年金(厚生年金又は国民年金)の保険料の納付を証明する資料
  13. 直近2年分の申請人及び配偶者の公的医療保険(健康保険又は国民健康保険)の保険料の納付を証明する資料
  14. 申請人の資産を証明する資料(銀行預金通帳の写し、不動産の登記事項証明書、その他)
  15. 身元保証書(身元保証人は日本人、特別永住者、永住者になってもらいます)
  16. 身元保証人に係る資料(在職証明書、会社の登記簿謄本、直近1年分の住民税の課税証明書・納税証明書、住民票など)
  17. 日本への貢献に係る資料(表彰状、感謝状、殊勲書等の写し、所属会社・団体等の代表者が作成した推薦状など)
  18. パスポート
  19. 在留カード

高度専門職以外で80ポイント以上のケース

基本条件

  • 高度専門職以外の在留資格で日本に1年以上継続して在留していること
  • 申請の時点でポイント計算を行った場合に80点以上のポイントを有していること
  • 申請日から1年前の時点でポイント計算を行った場合に80点以上のポイントを有していたこと

高度人材ポイント表のポイントが80点以上であり、1年以上日本に継続して在留していることが求められるので、提出する書類はポイントが80点以上あることの立証と、直近1年分の納税、公的年金・公的医療保険の保険料の納付の立証などで済みます。

申請に必要な書類について

  1. 高度専門職ポイント計算表(永住申請時点で計算したもの)
  2. 高度専門職ポイント計算表(永住申請の1年前の時点で計算したもの)
  3. ポイント計算に係る疎明資料
  4. 永住許可申請書
  5. 写真(縦4㎝×横3㎝)
  6. 了解書(2021年12月以降提出が必要になりました)
  7. 理由書(永住を希望する理由などを記載して提出します)
  8. 住民票(世帯全員の記載があるもの)
  9. 身分関係を証明する資料(戸籍謄本、出生証明書、婚姻証明書、認知の記載事項証明書など)
  10. 申請人の職業を証明する資料(在職証明書、確定申告書写し、経営する会社の登記事項証明書等)
  11. 直近1年分の住民税の課税証明書及び納税証明書
  12. 国税(源泉所得税及び復興特別所得税,申告所得税及び復興特別所得税,消費税及び地方消費税,相続税,贈与税)に係る納税証明書(その3)
  13. 直近1年分の申請人及び配偶者の公的年金(厚生年金又は国民年金)の保険料の納付を証明する資料
  14. 直近1年分の申請人及び配偶者の公的医療保険(健康保険又は国民健康保険)の保険料の納付を証明する資料
  15. 申請人の資産を証明する資料(銀行預金通帳の写し、不動産の登記事項証明書、その他)
  16. 身元保証書(身元保証人は日本人、特別永住者、永住者になってもらいます)
  17. 身元保証人に係る資料(在職証明書、会社の登記簿謄本、直近1年分の住民税の課税証明書・納税証明書、住民票など)
  18. 日本への貢献に係る資料(表彰状、感謝状、殊勲書等の写し、所属会社・団体等の代表者が作成した推薦状など)
  19. パスポート
  20. 在留カード

高度専門職以外で70ポイント以上のケース

基本条件

  • 高度専門職以外の在留資格で日本に3年以上継続して在留していること
  • 申請の時点でポイント計算を行った場合に70点以上のポイントを有していること
  • 申請日から3年前の時点でポイント計算を行った場合に70点以上のを有ポイントしていたこと

高度人材ポイント表のポイントが70点以上であり、3年以上日本に継続して在留していることが求められるので、提出する書類はポイントが70点以上あることの立証と、直近3年分の住民税の課税証明書・納税証明書などの提出で済みます。

申請に必要な書類について

  1. 高度専門職ポイント計算表(永住申請時点で計算したもの)
  2. 高度専門職ポイント計算表(永住申請の3年前の時点で計算したもの)
  3. ポイント計算に係る疎明資料
  4. 永住許可申請書
  5. 写真(縦4㎝×横3㎝)
  6. 了解書(2021年12月以降提出が必要になりました)
  7. 理由書(永住を希望する理由などを記載して提出します)
  8. 住民票(世帯全員の記載があるもの)
  9. 申請人の職業を証明する資料(在職証明書、確定申告書写し、経営する会社の登記事項証明書等)
  10. 直近3年分の住民税の課税証明書及び納税証明書
  11. 国税(源泉所得税及び復興特別所得税,申告所得税及び復興特別所得税,消費税及び地方消費税,相続税,贈与税)に係る納税証明書(その3)
  12. 直近2年分の申請人及び配偶者の公的年金(厚生年金又は国民年金)の保険料の納付を証明する資料
  13. 直近2年分の申請人及び配偶者の公的医療保険(健康保険又は国民健康保険)の保険料の納付を証明する資料
  14. 申請人の資産を証明する資料(銀行預金通帳の写し、不動産の登記事項証明書、その他)
  15. 身元保証書(身元保証人は日本人、特別永住者、永住者になってもらいます)
  16. 身元保証人に係る資料(在職証明書、会社の登記簿謄本、直近1年分の住民税の課税証明書・納税証明書、住民票など)
  17. 日本への貢献に係る資料(表彰状、感謝状、殊勲書等の写し、所属会社・団体等の代表者が作成した推薦状など)
  18. パスポート
  19. 在留カード

関連記事

永住許可ガイドライン

簡易永住申請(配偶者ビザから永住権申請)

就労ビザから永住権申請

永住申請(タイ語版) วีซ่าพำนักถาวร 

高度専門職とは

高度外国人材の家事使用人

高度専門職外国人の就労する配偶者

高度外国人材またはその配偶者の親

お気軽にお問合せ下さい TEL 080-4835-4830 毎日9:00-21:00

代表行政書士 深田秀樹

รุป

許可取得に最善を尽くします。

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 行政書士深田国際法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »