外国人雇用・国際結婚と在留資格申請はお任せ下さい!タイ語・英語に対応します

資格外活動許可について

  • HOME »
  • 資格外活動許可について

資格外活動の許可

  • 「留学」や「家族滞在」、「文化活動」など、原則就労不可の在留資格を持つ外国人が資格外活動許可を得た場合は、1週間に28時間以内就労が可能となります。
  • 「留学」の在留資格で滞在する外国人は、夏休み等の長期休業時間においては、1日8時間以内の就労ができます。
  • ただし、風俗営業店等(スナック、バー、パチンコ等)での就労はできません。
  • 資格外活動許可については、外国人が現在の在留資格に該当する活動を引き続き行うことを前提とし、その傍ら、本来の活動に支障をきたさない範囲内で別の活動に従事するものでなければなりません。

1週間について28時間以内の包括許可

  • 「留学」の在留資格をもって在留する外国人から、留学中の学費その他の必要経費を補う目的のアルバイト活動のため、在留期間中に資格外活動許可の申請があった場合、風俗営業店等での就労を除き、1週間のうち28時間以内(夏季休業、冬季休業、春季休業の教育機関の長期休業期間については、1日8時間以内)の収入を伴う活動について包括的に在留期間内の資格外活動が許可されます。
  • 「1週について28時間以内」とは、どの曜日から起算をしても常に1週について28時間以内であることが必要になります。「留学」の在留資格をもつ外国人のなかで高等学校、中学校、小学校の学生、生徒は対象外となります。
  • 特定活動(継続就職活動者、またはその者の家族滞在活動を行う者)と資格外活動許可について
    ⇒資格外活動許可を受けた場合のみ、1週間のうち28時間以内就労ができます。
  • 週28時間以内の時間制限をオーバーした場合には資格外活動違反として、事業主に対して外国人不法就労助長罪として3年以下の懲役又は300万円の罰金が課せられます。外国人本人に対しては、1年以下の懲役若しくは禁固若しくは200万円以下の罰金に処せられます。併せて、外国人本人は退去強制の対象になります。

雇用後の届出について

  • 雇用対策法により、外国人を雇用しているすべての事業主は、外国人労働者(「特別永住者」、「外交」、「公用」の在留資格を持つ外国人を除く)の雇用または離職の際に、その外国人労働者の氏名、在留資格、在留期間等をハローワークに届出を行う義務があります。
  • この届出を怠ったり、虚偽の届出をした場合は30万円の罰金に処されます。

掛け持ちのバイトをしている留学生への対応

  • 留学生がアルバイトできる時間の上限は、週28時間以内です。例えば、A店とB店の2か所で掛け持ちのアルバイトをしている場合は、合計で週28時間以内の範囲でアルバイトが可能になります。週28時間を超えると不法就労になります。
  • 3社以上でアルバイトを掛け持ちしている場合でも、合計で週28時間以内の範囲となります。
  • 夏休みなど、学則で決められた長期休業期間については、1日8時間週、40時間以内まで拡大されます。

アルバイト留学生を雇えない業種

  • 留学生のアルバイトが禁止されている業種は、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)で「風俗営業」として定められた業種です。具体的には、ナイトクラブ、ホステス・ホストのいる飲食店やキャバレー、パチンコ店、ゲームセンター、照度10ルクス以下のバー・喫茶店等、さらには性風俗関連特殊営業が該当します。
  • 留学生に風俗営業のアルバイトをさせると、事業主に対して外国人不法就労助長罪として3年以下の懲役又は300万円の罰金が課せられます。外国人本人に対しては、1年以下の懲役若しくは禁固若しくは200万円以下の罰金に処せられます。併せて、外国人本人は退去強制の対象になります。

規制対象外の一時的な収益活動

収入・報酬を伴う活動であっても、業として行うものでなく臨時的に行われる活動については、資格外活動の許可を受けずに、謝金、賞金、その他報酬を受けることができます。

1 業として行うものでない(反復・継続して行われない)活動

  • 講演、講義、討論その他これに類似する活動
  • 助言、鑑定その他これに類似するか活動
  • 小説、論文、絵画、写真、プログラムその他の著作物の制作
  • 催物への参加、映画又は放送番組への出演その他これに類似する活動

2 親族、知人または友人の依頼を受けてその者の日常の家事に従事すること(業として従事するものを除く)

3 留学の在留資格をもって在留する者で大学または高等専門学校(第4学年、第5学年および専攻科に限る)において教育を受ける者が当該大学または高等専門学校との契約に基づいて行う教育または研究を補助する活動に対する報酬

お気軽にお問合せ下さい TEL 080-4835-4830 毎日9:00~20:00

代表行政書士 深田秀樹

รุป

許可取得に最善を尽くします。

  • facebook

ご相談ご依頼対応地域

東京都内
品川区、大田区、目黒区、港区、世田谷区、渋谷区、新宿区、江東区、葛飾区、豊島区、墨田区、中央区、中野区、北区、足立区、練馬区、江戸川区、板橋区、杉並区、台東区、荒川区、文京区、千代田区、昭島市、あきる野市、稲木市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市
神奈川県内
川崎市、横浜市、相模原市、大和市、厚木市、座間市、鎌倉市、逗子市、横須賀市、三浦市、葉山町、茅ヶ崎市、大磯町、二宮町、寒川町、海老名市、藤原市、綾瀬市、伊勢原市、清川村、愛川町、山北町、松田町、秦野市、平塚市、中井町、開成町、大井町、南足柄町、小田原市、箱根町、湯河原町、真鶴町
埼玉県、千葉県、山梨県、茨城県、栃木県、群馬県  その他、全国対応いたしますので、ご相談ください。

PAGETOP
Copyright © 行政書士深田国際法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »