東京都品川区の配偶者ビザ専門の行政書士事務所です。

外国人同士の離婚(日本に在留している場合)

  • HOME »
  • 外国人同士の離婚(日本に在留している場合)
  • 日本に住む外国人夫婦が日本で離婚する場合は、夫婦の本国法に定めれている離婚の規定によって異なります。
  • 日本人同士であれば、夫婦間で離婚の合意があれば、市区町村役場に離婚の届出を行うだけで協議離婚ができます。
  • しかしながら、外国人同士の場合は、本国法で裁判離婚しか認められていない場合などは、夫婦間で離婚の合意があっても、日本の家庭裁判所にて裁判離婚をします。

法の適用に関する通則法(通則法)25条
婚姻の効力は、夫婦の本国法が同一であるときはその法により、その法がない場合において夫婦の常居所地法が同一であるときはその法により、そのいずれの法もないときは夫婦に最も密接な関係がある地の法による

通則法27条
第25条の規定は、離婚について準用する。ただし、夫婦の一方が日本に常居所を有する日本人であるときは、離婚は日本法による

離婚の準拠法

①夫婦の共通本国法

②夫婦の共通常居所地法

③夫婦の密接関連地法

  • 夫婦の本国が同じであれば、準拠法はその国の法律となります。本国法が協議離婚を認めている場合は、日本で協議離婚ができます。
  • 夫婦の本国法が同一でない場合で、夫婦の常居所が同一であるときは常居地の法律である日本の民法の規定が適応されます。
  • 子どもがいる場合には、子どもの親権の問題や、監護養育をどうするか、離婚後の在留資格など様々な問題が絡んでくるため、非常に複雑になります。

外国人の常居所

  • 本国法の異なる外国人の離婚の場合は、夫婦の常居所が日本にあるかどうかを確認します。
  • 下記①~③のいずれにも該当しない場合は、5年以上の在留歴により日本における常居所が認定されます

①1年以上の在留:身分系在留資格(日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者、永住者)の場合は、1年以上の在留

②常居所あり:特別永住者、永住者、日本人の子(「日本人の配偶者等」)、永住者(特別永住者を含む)の子として日本で出生し、在留している外国人(「永住者の配偶者等」)は、日本に在留している限り、在留期間に関わらず日本に常居所があると認定されます。

③常居所なし:「外交」、「公用」の在留資格で在留する外国人とその家族、米軍関係者とその家族、「短期滞在」の在留資格で在留している外国人、不法滞在者

お気軽にご連絡ください TEL 080-4835-4830(日本語・タイ語・英語) 9:00-20:00 毎日

お気軽にお問合せください📞080-4835-4830受付時間 毎日 9:00-20:00(日本語・タイ語・英語)

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください

代表行政書士 深田秀樹

รุป

許可取得のため最善を尽くします。

事務所情報

所在地:東京都品川区西品川2-5-13

Email: fukada100@gmail.com

Facebookページ:www.facebook.com/fukadaoffice/

固定ページ

  • facebook

ご相談ご依頼対応地域

東京都内
品川区、大田区、目黒区、港区、世田谷区、渋谷区、新宿区、江東区、葛飾区、豊島区、墨田区、中央区、中野区、北区、足立区、練馬区、江戸川区、板橋区、杉並区、台東区、荒川区、文京区、千代田区、昭島市、あきる野市、稲木市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市
神奈川県内
川崎市、横浜市、相模原市、大和市、厚木市、座間市、鎌倉市、逗子市、横須賀市、三浦市、葉山町、茅ヶ崎市、大磯町、二宮町、寒川町、海老名市、藤原市、綾瀬市、伊勢原市、清川村、愛川町、山北町、松田町、秦野市、平塚市、中井町、開成町、大井町、南足柄町、小田原市、箱根町、湯河原町、真鶴町
埼玉県、千葉県、山梨県、茨城県、栃木県、群馬県  その他、全国対応いたしますので、ご相談ください。

PAGETOP
Copyright © 行政書士深田国際法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »