東京都品川区の配偶者ビザ専門の行政書士事務所です。

子どもの親権について

  • HOME »
  • 子どもの親権について

離婚後の子どもの親権について

  • 親権とは、子を保護するために親に認められた地位のことで、民法によって定められています。
  • 親権者は、子を監護・養育し、また教育する権利を有し義務を負っています。未成年者(20歳未満)の子は、その父母が親権者となって保護します。また、親権は父母の婚姻中は父母が共同してこれを行うこととされています。

日本人夫と外国人妻が協議離婚をした場合で、子どもの親権について

  • 夫婦の一方が日本に居住する日本人の場合、離婚については日本の法律が準拠法になります(通則法27条)。また、親権についても日本の法律が適用されます(通則法32条)。子の本国法(日本法)が、父または母の本国法(日本法または外国法)と同じ場合は、子の本国法(日本法)によります。
  • 日本では、離婚に際しては父母のいずれかに親権者を定めなければらず、離婚後に共同で親権者になることはできません。そのため、夫婦のどちらが親権者になるかを決定する必要があります。話し合いで決まる場合は、市区町村役場に離婚届を届け出るときに、親権者を記載します。話し合いで決まらないときは、家庭裁判所により、父母のどちらかを親権者に決定します。

法の適用に関する通則法32条(親子間の法律関係)
親子間の法律関係は、子の本国法が父または母の本国法(父母の一方が死亡したり、いないときは他の一方の本国法)と同一である場合には、子の本国法を準拠法とする。その他の場合には子の常居所地法を準拠法とする。

通則法25条(婚姻の効力)
婚姻の効力は、夫婦の本国法が同一であるときはその法により、その法がない場合において夫婦の常居所地法が同一であるときはその法により、そのいずれの法もないときは夫婦に最も密接な関係がある地の法による

通則法27条(離婚)
第25条の規定は、離婚について準用する。ただし、夫婦の一方が日本に常居所を有する日本人であるときは、離婚は日本法による

 

お気軽にご連絡ください TEL 080-4835-4830(日本語・タイ語・英語) 9:00-20:00 毎日

お気軽にお問合せください📞080-4835-4830受付時間 毎日 9:00-20:00(日本語・タイ語・英語)

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください

代表行政書士 深田秀樹

รุป

許可取得のため最善を尽くします。

事務所情報

所在地:東京都品川区西品川2-5-13

Email: fukada100@gmail.com

Facebookページ:www.facebook.com/fukadaoffice/

固定ページ

  • facebook

ご相談ご依頼対応地域

東京都内
品川区、大田区、目黒区、港区、世田谷区、渋谷区、新宿区、江東区、葛飾区、豊島区、墨田区、中央区、中野区、北区、足立区、練馬区、江戸川区、板橋区、杉並区、台東区、荒川区、文京区、千代田区、昭島市、あきる野市、稲木市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市
神奈川県内
川崎市、横浜市、相模原市、大和市、厚木市、座間市、鎌倉市、逗子市、横須賀市、三浦市、葉山町、茅ヶ崎市、大磯町、二宮町、寒川町、海老名市、藤原市、綾瀬市、伊勢原市、清川村、愛川町、山北町、松田町、秦野市、平塚市、中井町、開成町、大井町、南足柄町、小田原市、箱根町、湯河原町、真鶴町
埼玉県、千葉県、山梨県、茨城県、栃木県、群馬県  その他、全国対応いたしますので、ご相談ください。

PAGETOP
Copyright © 行政書士深田国際法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »